ページの本文へ
交通アクセス  サイトマップ

センター長からのメッセージ

センター長からのメッセージ

知的財産というツールは,もはや知財担当者や弁理士だけのものではありません。知的財産のスキルを身につけることにより,価値あるモノ造りや,イノベーションを起こしていることは,改めて言うまでもないことです。本学はこのスキルを身につけるために,知財教育にかねてより取り組んできました。

そしてこの度,本学の長年に渡る知財教育の実績,平成25年より開始した共通教育における全学部生対象の知財授業必修化等が評価され,山口大学大学研究推進機構知的財産センターが,平成27年7月に「教職員の組織的な研修等の共同利用拠点(知的財産教育)」に認定されました。これは学校教育法施行規則第143条の2の規定による文部科学大臣認定であり,本学を拠点校として地方協力大学と連携し全国の大学等において知的財産教育を普及すべく,全国初の知財教育拠点事業がスタートしました。

この拠点の認定による拠点校としてのミッションは,大きく2つあります。

FD(Faculty Development,大学教員の教育能力を高めるための実践)と,SD(Staff Development,職員,スタッフ等の職務内容の改善)で,あわせて知財教育の他大学等への普及活動も求められています。この認定制度における知財教育普遍化事業は,文部科学省にとっても初めてであり山口大学への期待を大いに感じております。

未知の分野である本知財教育拠点事業につきましては,山口大学大学研究推進機構および大学教育機構をはじめ,皆様方のご支援ご協力を頂きながら取り組んでいく所存ですので,なにとぞよろしくお願い申し上げます。

知財教育の導入をご検討されている大学の各種ご質問,ご相談などを承ります。ぜひお気軽に本学大学研究推進機構知的財産センターまでご相談ください。

当該大学の実情に沿って,スタッフが対応いたします。

拠点類型:大学の教職員の組織的な研修等の実施機関
〇山口大学 「教職員の組織的な研修等の共同利用拠点(知的財産教育)(知的財産センター)」 <平成29年度末まで>

センター長プロフィール

山口大学 大学研究推進機構 知的財産センター
センター長 佐田洋一郎

通商産業省,特許庁(審査長,審判長,審判部部門長)を経て,山口大学教授に就任。知的財産センター長,山口TLO代表取締役社長を併任。