ページの本文へ
交通アクセス  サイトマップ

ベンチャー起業支援室

山口大学では,起業家マインドを持った,学生・教職員・卒業生のための「ベンチャー起業支援室」を設置しました。
 ベンチャー起業支援室では,山口フィナンシャルグループと連携した支援や各種情報発信を行い,山口大学からのスタートアッププレイヤーの輩出を促進します。

ベンチャー起業支援室の活動

活動内容

1.山口フィナンシャル・グループ専門家及び山口ティー・エル・オーとの協働による起業支援
 2.「志」イノベーション道場をハブとしたイベント開催
 3.起業のための知財相談
 4.起業に関する各種情報の発信

支援対象

1.学生,教職員及び卒業生
 2.学びや専門を活かしたイノベーションが期待できるもの
  ① 既存のサービスではなく,        → 今あるものと同じではない
  ② 革新的なアイデアや技術をもとにして,  → アイデア・技術で勝負
  ③ 新しいサービスやビジネスを展開するもの → 新しい価値を創り出すもの

ベンチャー起業支援室の場所

ベンチャー起業支援室は,山口地区は学生支援センター内(窓口:共通教育棟1階 自主活動ルーム),宇部地区は産学公連携センター(窓口:共同研究開発棟1階 産学連携課)に設置しています。

相談方法

学生・教職員は下記の起業相談ヒアリングシートに必要事項を入力してください。
 卒業生など学外からの場合は,下記の様式をダウンロードし,必要事項を記載の上,メールで相談内容をお知らせください。
 ヒアリングシートの記載内容を確認しましたら,折り返しメールまたは電話で相談日時等について連絡します。
 
 起業相談ヒアリングシート(学内限定)・・・ヒアリングシート ※個人アカウントでログイン
 起業相談ヒアリングシート(学外者用)・・・Word様式作成例

よくある質問

Q.どのような支援を受けることが出来ますか?
 A.起業に関する相談や知財相談,国の競争的資金(研究開発型ベンチャー支援事業)等を活用した支援,起業に関する各種情報の提供を行います。
 
 Q.相談方法はどのような方法がありますか?
 A.対面方式のほか,アプリを活用したオンライン会議やメールによる相談も行います。なお,相談は原則ヒアリングシートの事前提出による予約制としています。
 
 Q.相談にヒアリングシートの事前提出が必要なのはなぜですか?
 A.相談者が考えている内容や熱い思いを漏れなく伝えていただくためです。よろしくお願いします。
 
 Q.支援を受けるのに,起業する地域の限定(例えば山口県内とか)はありますか?
 A.起業する地域の限定はありませんが,将来的に山口県の地方創生につながることを期待しています。
 
 Q.卒業生というのは全ての卒業生が対象ですか?
 A.卒業年は問いません。学部・大学院を問わず,すべての山口大学卒業生・山口大学大学院修了生が対象です。また,社会人入学による卒業・修了生も含みます。
 
 Q.教職員です。最高経営責任者(CEO)の役につくことはできますか?
 A.個別判断になりますが,兼業の関係がありますので,まずは人事課服務管理係にご相談下さい。
 
 Q.教職員です。自分が起業する会社への出資,株式保有はできますか?
 A.可能ですが,兼業や利益相反・責務相反の関係がありますので,まずは人事課服務管理係にご相談下さい。
 
 Q.起業するための場所を借りることはできますか?
 A.産学公連携センターのレンタルスペースに空室がある場合は,新事業創出支援スペースとして貸し出しをしています。また,会社の登記所在地とすることも可能です。
 
 Q.研究室を起業する会社の登記所在地とすることはできますか?
 A.できません。
 
 Q.研究室にある機器・装置類を企業の生産活動など事業に使用することはできますか?
 A.できません。大学の資産と企業活動は明確に区分してください。
 
 Q.起業にかかる費用(法務局での会社登記手続きにかかる費用等)や資本金を大学が支援してくれますか?
 A.経費的支援はありません。
 

お問い合わせ先

 ベンチャー起業支援室
  TEL:0836-85-9961
  E-mail:venture@yamaguchi-u.ac.jp