ページの本文へ
交通アクセス  サイトマップ

センター長挨拶

 令和という新しい時代が始まりました。人口減少や少子高齢化という問題を抱え、予測不能な時代の中、すべての人が安全で安心して暮らせる社会をつくるために、様々な課題の解決に向けた科学技術への期待がこれまで以上に高まっています。例えば、国連が定めた持続可能な開発目標(SDGs)の達成には科学技術イノベーションの推進が不可欠です。

 山口大学大学研究推進機構産学公連携・研究推進センターは、大学‐製造業‐行政‐金融機関あるいは研究者‐生産者‐販売サービスといった横断的なつながりの中で、科学技術の社会への展開、ならびに社会から研究現場へのフィードバックをサポートする役割を担っています。具体的な業務としては、大学における研究の応用と展開、企業から持ち込まれる相談への対応、大学の研究者と企業あるいは外部機関との連携(共同研究や学術指導制度)の促進、政府や自治体主導のプロジェクトの推進のためのサポート、知的財産の視点からのアドバイス、様々な機関から提供される情報のハブとしての役割、など多岐に渡っています。

 明治維新の志士たちを多く生み出した山口県は、今もなおグローバルに活躍できる人材を輩出し続けています。教育は大学の使命であり、未来への最大の投資です。当センターは大学院技術経営研究科(MOT)とも連携しながら、学生の教育を始めとする人財育成にも大きく貢献しています。さらに、知的財産を核とした研究支援に関する教育プログラムとその実践は高く評価されています。

 企業の皆様におかれましては、まず、ワンストップ窓口にお気軽にご一報ください。期待以上の有益な結果が得られるよう、当センタースタッフであるコーディネーターやリサーチアドミニストレーター(URA)が対応させて頂きます。

 山口大学に対するご理解・ご支援と共に、当センターの産学公連携活動に対して、より一層のご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

山口大学大学研究推進機構 産学公連携・研究推進センター
センター長 中山 雅晴