ページの本文へ
交通アクセス  サイトマップ

学術指導

学術指導制度について

山口大学では、産業界からの多種多様な要望に応えるべく産学官連携を推進しています。
その制度のひとつとして「学術指導」制度を新設しました。この制度は、企業等からの依頼に応じて、本学教職員が新規研究開発を伴わない教育・研究及び技術上の専門知識に基づく指導助言を通じて、依頼機関の業務又は活動を支援するものです。

【学術指導経費】
 【①指導料+②指導料の消費税相当額+③必要経費+④間接経費の合計額】

  ①指 導 料・・・指導時間単価で積算ください。
            時間単価は1時間1万円以上を基準額といたします。
  ②指導料の消費税相当額          
  ③必要経費・・・消耗品費や出張費など指導に必要な費用を
            ご負担いただきます。
 
  ④間接経費・・・①指導料+②指導料の消費税相当額+③必要経費
               の20%以上の金額となります。
gakujyutu_keihi

学術指導のための必要な手続き

学術指導を行う場合は、委託機関から申請書を提出していただきます。その後学内手続きの流れについては、次のフロー図のとおりです。
 以上、学術指導制度に関して不明な点等ございましたら、Q&Aを確認いただきますようお願いいたします。

    その他不明な点は山口大学 産学連携課 産学連携係(Tel:0836-85-9961)にお問合せ下さい。

規則・様式

本学が企業等へ学術指導を実施するに当たって適用している学内規則及び申請書等の様式は、次のとおりです。

学術指導制度の流れ図