ページの本文へ
交通アクセス  サイトマップ

研究開発支援

大学研究推進機構では,本学教職員と大学院学生がイノベーションを目指して行っている研究開発活動を支援するために,公的研究開発資金の獲得支援,産学共同マッチング形成支援などを行っています。

「政府等による競争的研究開発資金」の獲得支援

1. 公募情報の提供

機構のメールマガジン(学内外に定期配信),機構ホームページ(新着公募情報)を通じて提供します。

2. コーディネータ等による資金獲得支援

競争的研究開発資金の獲得を目指す教職員のリクエストに応じ,コーディネータ等が長年に亘って蓄積してきた各種ノウハウを活かして,研究者の申請書作成や二次審査(プレゼン)の準備等において,側面的に支援します。

産学連携のニーズ・シーズマッチング支援

1. 地域におけるニーズ・シーズマッチング支援

産学連携コーディネータや技術移転アソシエイトによる企業訪問や各種イベントで収集される産業界のニーズ情報をもとに,教職員と産業界とのニーズ・シーズマッチング活動を行っています。

2. 大都市圏などで開催される展示会等でのニーズ・シーズマッチング支援

機構では,本学の優れた研究成果を展示会等で開示し,産業界からの来訪者とのマッチング活動を行っています。展示会に出品する研究者にはパネル作成,展示会参加旅費の支援も行っています。

技術動向等に関する情報提供

1. YUPASS(山口大学版特許電子図書館)の整備とサービス提供

機構ではYUPASSを整備し,通常の先行文献調査の他に,特許文献の引用・被引用の関係をもとに「特許マップ」を生成するシステムを開発し,平成20年6月以降に学内向けサービスを開始するなど技術開発動向に関する情報提供の充実を図っています。

2. 市場・技術動向レポート(書籍)による情報提供

機構では,民間の調査機関等が作成した市場や技術動向に関する調査レポートを多数所有しています。これらを基に研究分野の技術動向,市場性等に関する情報を提供します。競争的資金への応募の祭などにご活用下さい。