ページの本文へ
交通アクセス  サイトマップ

【NEDO】環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト/ロボット分野の国際研究開発・実証事業/災害対応ロボット研究開発(アメリカ)

(2014年11月20日掲載)
機関・省庁 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
事業名称 【NEDO】環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト/ロボット分野の国際研究開発・実証事業/災害対応ロボット研究開発(アメリカ)
個別事業名称 環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト/ロボット分野の国際研究開発・実証事業/災害対応ロボット研究開発(アメリカ)
事業の趣旨

本事業は、我が国のロボット技術を核とするロボットシステムの開発、実証を支援するものです。

NEDOは、経済産業省と米国国防総省(DoD)の合意に基づき、DoDの国防高等研究計画局(DARPA)と共同で、日本のロボット技術を活用した災害対応ロボットシステムの研究開発・実証プロジェクトを開始しています。災害対応ロボットの開発・実証においては、その事業を受託した3チームが中間目標として、平成27年6月に開催されるDARPA Robotics Challenge (DRC) Finalsへの参加を予定しています。DRC Finalsでは様々なタスクが課せられており、本業務において、DRC Finals 参加チームが事前評価できるタスク環境の構築をします。また、DRC Finals参加に関連する輸送・事務手続き等の支援を行います。

応募の要件 次のa.からd.までの全ての条件を満たすことのできる、単独ないし複数で受託を希望する企業等とします。
a. 国際的なイベントの運営のノウハウや知識を有し(輸送だけの部分提案であれば除外可)、かつ、本業務の内容の遂行に必要な組織、人員を有していること。
b. 本業務を円滑に遂行するために必要な経営基盤を有し、かつ、資金等について十分な管理能力を有していること。
c. NEDO が本業務を実施する上で必要とする措置を、適切に遂行できる能力、体制を有していること。
d. 個人情報保護の観点から、個人情報の取り扱いに関する社内規程等が整備されていること。
対象機関 企業、大学等
募集期間 2014年11月07日 ~ 2014年12月08日 【確定】
募集件数
助成金額
研究期間 平成26年度~平成27年度
詳細情報

http://www.nedo.go.jp/koubo/CD2_100018.html