ページの本文へ
交通アクセス  サイトマップ

2022年6月30日(木):知的財産判例セミナー第24回 *オンライン開催

(2022年6月1日掲載)
日時 2022年6月30日(木)16:10~17:40
会場 オンラインによる開催 ※申込み後ご招待
内容

■■■ 知的財産判例セミナー第24回 ■■■

 

 今回取り上げるのは、不正競争防止法に関する事件である「「八ッ橋事件」控訴審判決

(大阪高裁令和3年3月11日判決 令和2年(ネ)1568号 判時 2491 号 69 頁 令和3年9月14日上告不受理決定)です。

 本件は、複数の製造販売事業者が競合する京銘菓「八ッ橋」の製造販売事業者間の不正競争事案です。一審被告(被控訴人)は、

店舗の暖簾や看板、ディスプレイなどに、一審被告の創業または八ッ橋の製造開始が元禄2(1689)年である等の表示を付し、また

商品説明書等に同様の表示を付した商品を製造、販売しています。一審原告(控訴人)が、これらの一審被告の表示は、正当な根拠に

基づかず、一審被告が製造、販売する商品及び役務の品質等を誤認させる表示であるから、平成30年法律第33号による改正前の不正

競争防止法2条1項14号(現行法20号)の不正競争(品質等誤認表示)に該当すると主張し、同法3条1項に基づく表示の差止め、同条

2項に基づく上記表示を付した営業表示物件の廃棄、および同法4条(予備的に民法709条)に基づく損害賠償を求めました。

 原審は、一審原告の請求を棄却しました。そこで、一審原告はこれを不服として控訴しましたが、本判決は原判決の判断を維持した

事案であります。

 本セミナーでは、「八ツ橋事件」を題材として不正競争防止法2条1項20号(品質等誤認表示)について検討します。

 

◆プログラム◆

【1】講師紹介 16:10~16:15

    山口大学国際総合科学部、知的財産センター長・教授  小川 明子

【2】講  演 16:15~17:25  

   「八ツ橋事件」控訴審判決(大阪高裁令和3年3月11日判決 令和2年(ネ)1568号)

    追手門学院大学国際学部教授、山口大学客員教授  足立 勝 氏                           

【3】学生によるコメント・質問 17:25~17:30

    山口大学国際総合科学部学生  河崎 亜門

【4】質 疑 応 答  17:30~17:40

 

◆ご登壇者◆

  足立 勝 氏

【Profile】

・追手門学院大学国際学部教授/山口大学客員教授 (いずれも2022年4月~)

・アストラゼネカ株式会社 上級法務顧問(2022年4月~)

・前職は、アストラゼネカ株式会社 執行役員・法務部長 (2015年5月~2022年3月) 

 及び日本コカ・コーラ株式会社 Director&Senior Legal Counsel (2015年4月まで)

・米国ニューヨーク州弁護士

・博士(法学・早稲田大学)、LL.M(University of Illinois, College of Law)

・早稲田大学 知的財産法制研究所  招聘研究員 (2015年~)

・発明推進協会 知的財産研修・経営課程  講師 (2015年~)

・日本弁理士会 中央知的財産研究所  会員外研究員 (2012年~) 

・日本商標協会 理事 (2005年~ )、 同関西支部 副支部長 (2018年~)         

・日本マーケティング学会 「ブランドとコミュニケーション」 プロジェクトメンバー (2012年~2017年)

 同 「スポーツ・マーケティング研究会」メンバー (2016年~)

【学会等】

・日本工業所有権法学会

・著作権法学会

・日本知財学会

・日本マーケティング学会

 

◆お申込みについて◆ *6/29(水)締切

下記URLよりお申込みください。

https://ds23e.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~jimu/form/?en=220511091824

 

主催 山口大学 国際総合科学部・知的財産センター 共催
参加費 無料
申込み・問い合わせ 【お申込みについて】締切 6/29(水)
上記、申込フォームよりお申込み下さい。
お申込み後、後日ご案内メールを送付いたします。

【お問合わせ】
山口大学 大学研究推進機構知的財産センター
TEL:0836-85-9942
E-Mail:ip_fdsd*yamaguchi-u.ac.jp(*を半角@に変更してください。)
資料等 判例セミナー第24回