ページの本文へ
交通アクセス  サイトマップ

知的財産判例セミナー2019 ~2019年12月20日(金)開催~

(2019年12月10日掲載)
日時 2019年12月20日(金) 16:10~18:25
会場 山口大学 吉田キャンパス 共通教育3番教室
内容

知的財産判例セミナー2019

応用美術の著作権法による保護(日本・欧州・米国の判例の比較より)について、

元知財高裁所長・柳田国際法律事務所 清水 節 弁護士および早稲田大学法学部 末宗 達行 講師が解説します。

また、早稲田大学法学部 高林 龍 教授による「いきなりステーキ事件知財高裁判決」を素材として発明該当性を考える特許法模擬講義を行います。

 

【プログラム】

(司会:国際総合科学部 小川明子教授)

◆16:10-16:15 開会の辞

   ⇒国際総合科学部学部長 レール・マルク教授

◆16:15-17:25 第一部

 応用美術の著作権法による保護-日本、欧州、米国の判例の比較から

 ①16:15-16:55「トリップ・トラップ事件判決とその後」

   ⇒元知財高裁所長・柳田国際法律事務所 清水節弁護士

 ②16:55-17:25「Star Athletica事件米連邦最判及びCofemel事件CJEU先決裁定―早大応用美術セミナーにおける検討に基づいて」

   ⇒早稲田大学法学部 末宗達行講師

◆17:25-17:30 休憩

◆17:30-18:10 第二部

「特許法模擬講義-いきなりステーキ事件知財高裁判決を素材として発明該当性を考える―」

   ⇒早稲田大学法学部 高林龍教授

◆18:10-18:20  質疑応答

◆18:20-18:25   閉会の辞

   ⇒山口大学 知的財産センター長 木村 友久教授

主催 山口大学 国際総合科学部・知的財産センター 共催
参加費 無料
申込み・問い合わせ 【申込方法】
チラシの参加申込書にご記入の上、FAXにてお申込み、または、
下記の各事項をご記入の上、メールにてお申し込みください。
  ・<メール件名> 12/20知財判例セミナー申込
  ・ご所属、氏名、連絡先(電話及びメールアドレス)
  ・申込み先: ip_fdsd*yamaguchi-u.ac.jp(*を半角@に変更してください。)

【申込〆切】
2019年12月16日(月)
 当日の受付もしておりますが、資料等準備の関係上、事前にお申込み下さいますようお願いいたします。

【お問い合わせ】
山口大学大学 研究推進機構知的財産センター
TEL:0836-85-9942
FAX:0836-85-9941
E-Mail:ip_fdsd*yamaguchi-u.ac.jp(*を半角@に変更してください。)
資料等 1220判例セミナーチラシ